希望通りの求人を建築業界で探す方法

建築業界は街を作り人の生活を支える大切な職業です。建築業界で求人を探すには、建設業界の特徴でもある特定の資格が必要になる事が非常に多いです。希望通りの求人を探したい場合は、希望する職種に必要な特性の資格を取得する事が有効です。土木工事系の場合、一級土木施工管理技士や一級建設機械施工技士の資格です。建設系の場合、一級建設施工管理技士や一級建設士です。電気系の場合、一級電気工事施工管理技士や第一種電気工事士などです。給排水系の場合は、一級管工事施工管理技士や給水装置工事主任技術者です。造園工事系の場合は一級造園施工管理技士で、消防系では消防設備士などが必要になります。国家資格となる難しい資格もある為、取得するのにハードルが高いように思えますが、希望する建築業で働く為に必要な資格な為、取得できれば希望職種で働く事が可能になります。

重労働と思われている建築業界でも女性が活躍できるチャンスも多い

建築業界での求人であっても、建設や土木現場の職種は多岐に渡ります。その為、技術や能力があれば腕力は問われない仕事も沢山あります。一見、重労働に思われるような鉄筋躯体の組み立ても工具を用いて鉄筋を針金で止める作業などは女性の技術労働者でも可能な仕事です。また、内装業や電気設備関係であったり、造園業や塗装業も比較的女性でも活躍のチャンスが多い職種です。こういった職種であれば重労働は苦手でも建築業界の求人を探したい男性でも活躍できるかと思います。造園業やリフォーム業などはデザインセンスなどが必要になってくる為、生活者視点を活かして女性ならではの提案ができるのも活躍チャンスになります。各業種で必要な資格を取得する事は難しいですが、取得できればより活躍のチャンスが広がってくるかと思います。

施工管理の仕事とはどのような内容なのか

施工管理の仕事は建築現場の施工全体の管理をし、監督と行うのが仕事です。工事現場も建設や電気工事、造園や土木など多岐に渡る為仕事内容は幅広く、技術者や職人の工程管理や現場のトラブル防止の安全管理など品質管理の仕事が多くなります。また現場に手配するスタッフの選定や現場の指揮監督、図面のチェックも施工管理の仕事で、現場の作業からデスクワークまでと幅広い事がわかります。また、作業スケジュールなどが悪天候で工事できない日も出て来てしまう為、納期に間に合わせる事が必要になり休日を返上して作業をする事も出てきます。求人には載っていないですが、建設業界の繁忙期は法人向けの仕事や公共事業の仕事を請け負う場合は特に年末や3月末、9月末です。この繁忙期は休日返上で作業をする事が増えます。決算終了後の年度初めの4月から6月頃は閑散期とされ、休日も比較的取りやすく残業も少なくなります。